若者の心を起動する教育の作り方

アスバシ教育基金代表、毛受芳高のブログ

これまで1998年から15年、キャリア教育、街とつながる学校、総合的な学習の時間、教育コーディネーター、シチズンシップ教育、ESD、環境教育、国際理解教育、サイエンスコミュニケーション、教育CSRなどなど、様々な新たなテーマの教育を「教育コーディネーター」の側から手がけてきました。小学校から、中学校、高校、大学までの、子ども・若者のすべての発達段階と関わっていくなかで、見えてきた教育づくりのコツを紹介します。
若者は、「何か」に出会う体験を通して、心に火がつき、自ら主体的に動きだします。そんな体験を「心起動(ココロノキドウ)体験」(ユースアクティベーション)と呼んでいます。「心起動」現象はどう起こるのか?

病院で長期療養している高校生にもサポートを!

がんになっても子どもは育つ6/29(日)チャイルドケモハウス主催のシンポジウム「がんになっても笑顔で育つ」にシンポジストとして参加し、「若者の心に火をつける ~なぜ高校生教育が大切なのか?~」と題した講演をしてきました。

冒頭の報告で、がんで惜しくも亡くなった久保田鈴之介君の物語が、両親から語られました。

実は、小中学校という義務教育段階では、院内学級のようなかたちで長期入院になっている子どもたちにも学習が継続できる仕組みがあるのですが、高校になると「義務教育でない」という理由で同様な仕組みがないのです。つまり、長期入院になってしまうと欠席扱いになり、進級できなかったり、中退を余儀なくされるのです。

そんな現状を変えたのは、ユーイング肉腫というがんで闘病生活を続けていた高校3年生の久保田鈴之介君。

友達の助けをかり、学校の授業をスカイプで中継してもらう取り組みをしたり、病院のなかでも授業が受けられるようにと橋下大阪市長にメールを送るなどして働きかけた結果、市長に思いは届き、そこからわずか2ヶ月で、先生が定期訪問するような仕組みができ、ほかの生徒と同様、卒業できることになりました。
 
そして、鈴之介君はセンター試験を受験。しかし、そこで命は燃え尽きた、とのことです。
http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/rfl/post_693.html

鈴之介君が橋下市長に送ったメールは、本当に的確に課題と解決策を伝えており、当事者だからこそ、説得力のある言葉、いや「政策提案」に、社会は即座に動いたのです。

しかもそれだけでなく、実際にその後できた、先生の定期訪問システムは、がんの治療中、その日によって体調は大きく異なり、せっかく前もって予定をいれていても、その日の体調が悪く、断らないといけなくなることが、非常に重荷になってしまうので、やはり、体調のいい時に受けられる院内学級のようなシステムがベターである、と追加での提案を送っていました。ほんとにすごい。

その後、大阪府が、現在実施している長期療養中の高校生へのサポートをどんなかたちで行っているかが語られました。

その後、登壇した私は、鈴之介君は、なぜ厳しい環境におかれても、 それにめげずにがんばり続けることができたのか?
からお話ししました。

10488294_659407474152273_1631639001033596969_nこのドラマに出てきた鈴之介君は、まさに「心に起動した状態」になっていた高校生です。
ここでもうひとつ気づくべきことは、心が起動した状態になるための前提となる環境要因。それは、

・剣道での経験(困難を乗り越えた体験→自己効力感) 
・寄り添う仲間・家族・居場所(挑戦を支える環境)
・具体的な目標・希望と達成への手段(大学受験と学習環境)

鈴之介君のように目標をもって行動する状態に、なれていない高校生はたくさんいます。
その高校生個人に原因を求めるのではなく、高校生たちの心に火がつく出会いや挑戦の環境をどう整られるかがカギであり、それは大人の責任である、という、趣旨の話をしてきました。 

長期療養中の高校生をサポートするシステムができたのは「大阪府」と「東京都」ぐらいで、ほかの都道府県ないそうです。学習の支援ですらできていないのだから、キャリア教育の支援などは頭にもありません。
24

でも命の危機にさらされた子どもたちだからこそ、その後、どう生き抜いて行くのか?のキャリア教育が必要です。ガンを克服した後、就職活動では、ガンにかかってきた経歴が、採用のデメリットになるんじゃないか、と深刻に悩んだりするそうです。

病院にいる高校生にも目が届き、そっと、さりげなく、心に火がつく環境を整えてあげられる社会を創りたいですね。

自分の視界が広がる機会で、とてもたのしかったです。

社会イノベーター公志園で同期生のチャイルドケモハウスの楠木さん、機会を与えてくれてありがとうございまいた。
 

徳島に明日橋はかかるか?

久々のブログ投稿。

10338782_727178880665693_359757368_n
ゴールデンウィークの5/3(祝)に、徳島県に行って、アスバシのミニワークショップを開催しました。


これができたのは、ほんとに縁で、アスバシの理事である佐藤孝治氏に、徳島の現役高校教師、岩野先生が相談したことがきっかけ。今の高校現場で行われているインターンシップの質を高めようとすれば、現場教員だけでは無理で、外部と連携が必要だけどどうすればいいのか、という相談を、スカイプ経由で受けました。

そこから話がもりあがり、徳島で関心ある人を集めて、作戦会議しよ、という話ですすんだのですが、あれよあれよという間に集まって最終的には30名ぐらいのイベントになってしまいました!徳島、すごい!
48

また、徳島でも、若者たちの心に火をつける仕事をしていきたい、という山本亮太さんという熱い若者もいて、ほんとにポテンシャルを感じました。

私がアスバシを通して実現したいことは、この徳島の動きに象徴されています。

地域のひとりひとりが動く人となり、その地域に若者たちが明日へつながる「明日橋」をかけることを促進したいのです。そのために、私は、地域にいる人々の心に火をつけたい!「やるなら今だ」と。

35


そのときの写真付きのステキなマインドマップを、岩野先生がつくってくれたので共有します。マインドマップってこうやってつかうんですね。ほんときれいです。
10340487_814885731873000_146437996_o (1)

<感想>
◎徳島にも毛受さんがされていることができるかもしれないと思うとワクワクします。私が数年前からやりたいと思っていても,人とのつながり,行動力がなく実現できなかったことです。この場でつながって,徳島でも同様のことをやりたいです。

◎いい会でした!参加者が思いや経験を共有でき若者の成長に寄りそおうと悩み行動に移している。移そうとしていることとが手にとれ力をもらいました。子どもたちが人に喜ばれ人の役に立ち必要とされ受入れられていると実感できるような機会をたくさんつくっていけたらいいですね!

◎子どもたち(若者)にインターンやその他大人とかかわる機械をつくっていくのは,ほんとうにいいなとおもいました。今の人たちいそがしいのですが,大人もけっこう見失っている中で,大人も若者,子どもいっしょに夢を語り,共に何かをテーマに創造していけたらいいですね。

◎高校生インターンシップで是非地元高校でも実現しようと思いました。


ゴールデンウィークの渋滞で10時間かけていった甲斐がありました!

自分たちの地域に、若者が明日へとつながる橋かけよ!
IMG_3155

ユースアクティベーション~若者の心に火がつく物語vol.4

1601517_196002580600663_646411256_n

県立高校普通科3年、恥ずかしがり屋で引っ込み思案な性格な女子生徒Kさんの物語。高校卒業後は就職を志望している。そんな引っ込み思案な自分を変えようと、インターンシップでは自分から接客業を選択しました。そんな彼女がぶつかった壁は「いらっしゃいませ」という言葉。日常生活で使う機会がないため抵抗感があり、声のトーンや言葉を発するタイミングがつかめなかったのです・・・。

<1日目>
体験するのは、観光案内所のスタッフ。職員との顔合わせをすませ、早速カウンター業務を任されるが緊張からか訪れたお客様に声をかけられず、目をそらしてしまう。「いらっしゃいませ」がなぜか言えない!そんな自分に落ち込む。案内している顔もなんだか恥ずかしそうだった。

<3日目>
挨拶が苦手な分、お店を覚えて案内できるようにしたい」と、自主的に地図を広げ調べるように。わからないことを聞かれるとパニックになることもあったが、職員からのアドバイスもあり、初日より
も積極的に案内ができるようになった。「もっと上手くなりたい」と積極的な気持ちを持つ。一緒に働くオトナを手本に、見よう見まねで接客する。目の前の課題をひとつずつ解決していくことで、徐々に自信がついてきます。それでも、なぜか「いらっしゃいませ」がうまく言えない。

<5日目>
インターンシップ終了間際に、ついに苦手だった「いらっしゃいませ」の一言がいえるように!表情がずいぶんと明るくなり、気持ちのいい接客もできるようになった。案内も率先してこなしている。職員さんに褒められはにかむKさんからは、それまでに見えなかった自信が感じられた。

<生徒の感想>
外国人に英語で対応したり、地下街をすらすら案内したり、ここで働いている方々はカッコいいと思いました。体験を通じ分かったのは、接客の大変さです。まず挨拶が大切で、入ってきたとき明るく声をかけると、お客さまが質問しやすくなると感じました。また職員の方々が大切にしているのは「おもてなしの心で接客に努める」こと。職員の方が接客しているところを、自分もお客さまの立場で聞いていたら、すごくわかりやすかったです。大変だったけれど、おもてなしの楽しさを知ることができました。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 病院で長期療養している高校生にもサポートを!
  • 病院で長期療養している高校生にもサポートを!
  • 病院で長期療養している高校生にもサポートを!
  • 徳島に明日橋はかかるか?
  • 徳島に明日橋はかかるか?
  • 徳島に明日橋はかかるか?
  • 徳島に明日橋はかかるか?
  • 徳島に明日橋はかかるか?
  • ユースアクティベーション~若者の心に火がつく物語vol.4
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ